近年の核家族化、少子化などさまざまな影響を受け墓地の管理の仕方もどんどん変化してきています。

私達は先祖代々のお墓を見守って行きたい気持ちは当然あるのですが、どうしても見守りきれない事情も多々あるのが現状です。

見守りきれないとなるとこの先、管理料は誰が支払いづづけるのかとか、管理料がかからない墓地でも誰も管理をしなければ荒れてしまうのではないかなどの心配がでてきます。

永代供養墓は他の人と合祀されますが、納骨料を納めれば管理料はかかりません。

また、一人で寂しくないとの考え方もできますし誰かしらのお参りが絶えません。

そして、お寺が存続するかぎり、お彼岸、お盆の行事はもちろんのこと何かの折につけて住職がご供養をし清掃管理もいたします。

永代供養墓はご事情をかかえた方にはとても安心なご供養の形となります。

これからのお墓の見守り方についてご不安のある方はいつでもお気軽にご相談ください。宗旨、宗派は問いません。