洞光寺の所蔵する県宝『絹本著色真言八祖像』を公開する記念イベント名はそのまんま『八祖まつり』です。

真言八祖とは、真言密教をインド・中国・日本と伝えた龍猛、龍智、金剛智、不空、善無畏、一行、恵果と我が国に真言密教を伝えた弘法大師・空海(真言宗の開祖)の八人のお坊さんのことを指します。

この「受け継がれている、繋がっていく」というイメージに合せて、今回のイベントも「繋がる、結ぶ」というテーマがあります。

お檀家様をはじめ、これまで洞光寺がお世話になった方、ご縁があった方の力を借りて開催できるイベントです。

ご協力いただくみなさまには感謝の念でいっぱいです。

そしてこれからも洞光寺でたくさんのご縁を結んでいきたいと思っています。

洞光寺はとても気軽に立ち寄れるお寺です。お寺って敷居が高いよねと思われる方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。(洞光寺も駐車場の入り口がわからないとか木が生い茂っていてどこあるかわからないとか度々言われますが、そこはご容赦ください)

気張って「お参りに行こう!」と思わなくても大丈夫です。気軽に遊びにいらしてくださいませ!!