外出自粛のため、自宅で過ごす時間が多くなっています。

自宅で過ごす便利グッズやお家でできる運動のような特集をよく見かけます。

そこで、お寺でも何かトレーニングができないか考えました。

サーキットトレーニングという、無酸素運動+有酸素運動のトレーニングをお寺風にアレンジしました。

無酸素運動の部分は、普通に筋トレです。

有酸素運動の部分に真言宗の修行で行われる礼拝行を取り入れました。

礼拝行は、立って合掌→右膝を床につける→左膝を床につける→右手の甲を床につける→左手の甲を床につける→頭を床につける→立ち上がり合掌の流れです。
(礼拝行が有酸素運動になるかわかりませんので詳しい方、教えてください)

礼拝行は108回行うので有酸素運動の部分でトータル108回行おうと思ったのですが、日頃の鍛錬が足りない故、しんどすぎて回数を減らしました。

筋トレ→礼拝行→筋トレ→礼拝行・・・と繰り返しますが、後半の筋トレ部分にスクワットを入れてしまい、これもハードにする原因になってしまいました。

最後は本堂を一周して瞑想に入ります。

このメニューに記憶力を鍛えるため、合間に真言を唱えるポイントを入れたいなと思っています。

トレーニング開始前にいくつか真言を覚えて、合間に仏様の名前を見て真言を唱える感じです。

ゆくゆくはダイエット寺と呼ばれるようになりたいですね(笑)