先日のお寺の朝時間は雨だったため、本堂でラジオ体操を行いました。

体操の後に登場したのが紙芝居です。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像が小さくて分かりにくいですが、洞光寺の犬石の紙芝居です。

犬石については、お寺の紹介のページでも少し紹介しています。薬師堂に向かって左手側にある石です。

この犬石は、四賀では割りと有名?で「犬神石」という民話があります。

ストーリーは何パターンかあるようですが、村の人達が山犬(狼)に農作物を荒されたり、家畜を食われたりして困っているところに、お大師様がやってきて、山犬を退治(または寄せ付けなく)するという流れは同じです。

この民話を元にした紙芝居になっています。

紙芝居を見終わった後は、犬石探しができて楽しいですよ♪

ちなみに、この民話を元にした民話劇「おっかねえ山犬をどうするか」もあります。

昨年、四賀の里生涯学習フェスティバルで上演されました

犬石の民話や民話劇の資料は、頂いたものがお寺にあるので、気になる方はお声掛けください。