信州の寒い冬が終わり、お寺の桜も咲き始めました。
しかし、桜が咲いている時間は本当に短いものです。
住職はこの世は無常だと話してくれます。
変わらないものはないのだそうです。
楽しい時間はすぐに終わってしまうように思えますが、
苦しい時間も永遠には続かないのでしょう。

昨年、お寺の桜を見た頃にいた私の家族は、今はこの世にいません。
今年は新しい家族とこの桜を見ています。
これも無常でしょうか。