本日は、明科にある泉福寺様にて大般若会に行ってまいりました。

大般若会とは、大般若経のお経本をぱらぱらとひろげて転読いたします。
大般若経は皆様もよくご存知の般若心経の元のお経になります。般若心経は六百巻もある大般若経のエッセンスをまとめて短いお経にしたものであります。そして西遊記で有名な玄奘三蔵が天竺(インド)から唐(中国)に伝え翻訳したことで知られています。

その大般若経は六百巻もありとても膨大な経典のため、ひとり五十巻を法会中に転読し全巻に風をあてそのご利益をいただくわけですが、ときどき気をぬくと転読中にお経本がくずれてしまい大変なことになってしまいます。(・・;)

とくに参拝の皆様にその失敗を見られていると思うとはずかしくてたまりません。

今回は大きな失敗もなくお勤めできてほっとしました。

今日は天気も良く泉福寺様のお檀家様もたくさんのご利益を受けてお帰りになられたことと思います。