参道の入り口にピンクの花が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしいです。ちなみに、後ろに写る丸い石が源(木曽)義仲が兜を置いたと伝わる石です。

この花は何か?と言うことを住職に聞くと「ピンクのヒガンバナだ!」とお答えが・・・

ヒガンバナと花びらの形が違うので納得できなかったのですが、その場は納得したことにしました。

でも、気になるので調べました。

どうやらピンクのヒガンバナはあるらしいのですが、ナツズイセンと言う花の方が似ている気がします。

確かにナツズイセンと言う花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属ではあるようです。

植物に詳しい方がいましたら教えてくださいませ!